真・木坂エクソダス

囚われた屈辱は反撃の坊主だwww

そういえば、「木坂エクソダス」で検索したらワシのブログが一番上になってたでwww

すまんの、旧エクソダスの人www

これからはワシが新しいエクソダスの人となるでwww

検索ついでに旧エクソダスの人らしいツイッターを見つけたけど、なんかこのブログもその人が作っていると勘違いされているらしいなwww

ほんま、すまんなwww

ワシの方からも謝っとくわwww


今回は「傷だらけの肩翼の坊主」というなんか漫画で出てくる強いキャラの二つ名みたいな感じになってしもうた、原澤先生について話していこうと思うでwww

最近の原澤先生のメール、特に木坂先生に関するメールは愛憎入り混じった感じが出ていて、もうそろそろ読むのがしんどくなってきたわwww

まぁ、ただ、原澤先生の主張にも一理はあるので、ある層には支持されると思うわwww

というのも、海外はどうか知らんねんけど、日本人に限って言えば「巨大なものに立ち向かう」という話が好きやんwww

ちょっと前なら『半沢直樹』とかwww

「巨大なものに立ち向かう」という話には、圧倒的な力(=権力など)に対して立ち向かうという一種のカタルシスというか、抑圧からの解放があるねんなwww

「倍返しだ!」なんて台詞があれだけフューチャーされたのも、そーゆー理由があると思うねんwww

またそれと同時になんで『進撃の巨人』に出てくる巨人が潜在的な恐怖をかきたてたかというのもわかると思うわwww

それはおいといて、原澤先生はネットビジネス界において一時代を築き、レジェンドとして野球で言う長嶋茂雄&王貞治とも言えそうな木坂先生と和佐先生に立ち向かう「勇者」なわけやから、ある一定層には絶対に支持されるはずやねんwww

弱い者が強い者に立ち向かうってなんか応援したくなるやんwww

ましてや、ある意味で既得権益的になりつつある木坂先生と和佐先生に立ち向かっているわけやからなwww


ほんでな、ワシが知らんだけやけど、表立ってそーゆーことを表明しているのは原澤先生だけやねんな。少なくともワシが知る限りはwww

これな、原澤先生が意図したのかどうかは知らんけれど、ものすごいラッキーなことやでwww

木坂先生、和佐先生、みんてぃあ先生が協力関係を築き、一代勢力として、言い換えるなら欧州列強みたいになっている中で、そんな欧州列強に虐げられて植民地となっている国々を解放するために立ち上がった、日本帝国軍みたいなもんやんwww

めっちゃキャラ立ってるやんwww

もうこれ完全に時代の波に乗ってるでwww

特に「すていごーるど」なんかはみんてぃあ先生や和佐先生にもアフィリ報酬があったし、また彼らはライティングがうまいから、「とりあえずわけもわからず参加した」みたいな人も多かったはずやでwww

あの頃から原澤先生も「木坂セミナーは質が下がった」「とうとう木坂もお金に走ったか」なんて言うようになったわけやけどなwww

ただ、そうやって何もわからず連れてこられて5万10万払ってありがたい話を聞いた人は、どっか釈然としない気持ちを持った人もおったやろうし、そーゆー人らにとっては原澤先生はある種の代弁者となってくれたわけやwww

木坂先生もどっかのセミナーで言うてたやろ、「代弁者になれ」とwww

そーゆー意味で原澤先生はきちんと学んだことを忠実にできているわけやし、そこはほんまにすごいことやと思うわwww


そうそうK先生がおもしろいこと言うてはったわwww

ちょうどええから、K先生の記事から一部引用させてもらったでwww
本人の許可は取ってないけどなwww

「ここをわかってない人が多いみたいですが、
 私の見る限り、敵として効果的に扱える対象には
 大別して3種類のパターンがあるようです。

 1.邪魔者
 2.理想とは真逆の人
 3.すごい人

 この3つです。」


ほんで、原澤先生らがやっているのは3ってわけやwww

「ちなみに、この方法のポイントは3つあります。

 1.すごい人はすごければすごいほど良い
 2.すごい人を褒めつつ欠点や足りないところを挙げる
 3.具体的に見せかけつつ抽象的な話をする

 この3つです。」


これも原澤先生のメルマガ読んでたらわかるけど、具体的なことあんまり言うてないからなwww

なんとなく小出し感があるねんwww

木坂先生も小出し感があるのはあるねんけど、出している量が違うねんwww

小出しやのに大盛りやねんwww

小出しでお腹いっぱいの木坂先生と、小出しなので物足りない原澤先生って感じやねんなwww


でもな、それはワシみたいな大食漢やからそう感じるだけで、小食な人(=学習レベルが低い人)にとっては、原澤先生の小出しも満足できるものだったりするねんなwww

あっ、ワシが賢いって自慢しているわけちゃうでwww

ワシも木坂先生の教材で学んだことがあるだけやでwww

木坂先生の教材に触れて浅い人だと、やっぱり木坂先生のは大盛りだし、味も濃く感じると思うねんなwww

そーゆー人は原澤先生の方が口に合うだろうし、量もええ感じかもしれんwww

そーゆー意味でもたまたまなのか、狙ってなのか、ワシにはわからんけど、原澤先生はものすごい良いポジションにいるし、メリットも多いと思うわwww



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鈴木一郎五右衛門

Author:鈴木一郎五右衛門
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR